大阪に出てきた大学生が思うこと

大阪にはいくつもの有名大学があることから、周辺地域だけでなく全国各地から大学生が集まってきます。
思っていた以上に都会なので、地方から出て来た人は驚くことも多いでしょう。
地方から来た大学生は、大阪での生活に期待を持っているものの、方言の壁にぶつかる人も少なくありません。
関西弁は方言の中でも特殊的であり、地元の人達は誇りを持って方言を操っています。
そのため、飲食店やコンビニなどでアルバイトをするにしても、方言を使って話せるということが重要視されざるを得ません。
しかし、中途半端な言葉で喋っているとかえって印象を悪くしてしまうこともあるのも事実です。
大阪の人は言葉遣いを聞いただけでどの地方から出できたのかわかると言います。
接客業の場合、エセ関西弁を無理やり使う必要はなく、標準語で話していてもおおらかに見てくれるのが一般的です。
むしろ他の地方から来た大学生の方が、「ちゃんとした大阪弁を話さなければいけないのでは?」というプレッシャーを感じてしまっているだけの場合もよくあります。
どういったアルバイト先かによってその点は大きく異なりますが、言葉の違いによって地元の人達のプライドを傷つけるというようなことはありません。
そして、独特な大阪弁は、2週間もすれば移ってくるとも言われているので、さりげなく大阪弁を使ってみるといいですよ。
愛嬌のある姿を見せて少しずつ文化に馴染んでいくという姿勢を見せられればそれに越したことはないでしょう。
大阪の人は大阪愛が大きいので、地元に馴染もうとしている若者を受け入れてくれます。
大阪弁に慣れ親しんで、楽しい大学生活を送ってみてはいかがでしょうか。
そういえば、大阪でのアルバイトについてまとめてあるサイトを見つけました。
大阪でアルバイトをする人は是非読んでみてください。【参考情報

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です